デザイン思考で行こう!

Life will find a way, we'll find a way technology lives.

少しフライングになりますが、某雑誌の特集で「サービス起点でハードウェアを再定義する」ということを提案しました。これまでにもカメラやテレビなどの再発明、再定義について考えて来ましたが、「サービス起点でハードウェアを再定義する」ことについて、カメラを例に説明します。

カメラがデジタル化されても、私たち、一般の生活者が写真を撮る目的に大きな変化はありませんでした。家族や旅行やイベントの写真、そして趣味で写真を撮って、それを保存してプライベートな共有をしています。
カメラのデジタル化は、私たちに「手軽に写真を撮ることができる」というメリットをもたらしましたが、撮った大量の写真をどのように保管するのか、どのように家族や友人たちと共有するのかという、新たな煩わしい問題を生み出しました。

フィルムカメラ時代のDPEやアルバムは、「家族写真や旅行やイベントなどの写真を保管し、家族や友人などとプライベートな共有をする」ための、誰もが使うことができる手段やサービスでした。しかし、写真はメモリーカードに記録し、パソコンに転送し、オンラインアルバムなどのサービスで共有したりしなければならないものになりました。膨大な量の写真が、メモリカードやパソコンに保存されたままになっているかもしれません。

一方で、スマホカメラとSNSは、それまでになかった「ソーシャルな共有」という、新しい写真の体験を生み出しました。Facebook、Instagram、Twitter、LINE、Snap...写真を共有するSNSを数え上げれば切りがありません。人々が撮った写真は保管するものではなく、コミュニケーションに欠かせないコンテンツだったことを、私たちは再発見しました。

写真のソーシャルな共有という目的では、スマホカメラで"good enough"です。アップルやグーグルやファーウェイの最新のスマホのカメラでは、それ以上の素晴らしい写真が撮れるようになりました。クラウドではなく機器でAIが動くようになったそれらのカメラは、今後、写真を撮るための作業を大きく減らしてくれるようになるでしょう。

しかし、表を見れば、デジタルカメラの市場が縮小した原因がスマホカメラではないことがわかると思います。デジタルカメラで撮った「家族写真や旅行やイベントなどの写真を保管し、家族や友人などとプライベートな共有をする」ための「パソコンとオンラインアルバム」という手段やサービスのわかりにくさ、使いにくさ、面倒くささ、すなわちユーザー体験の悪さが、人々の、デジタルカメラを使おうという意欲を失わせているのです。

しかし、「家族写真や旅行やイベントなどの写真を保管し、家族や友人などとプライベートな共有をする」というニーズがなくなってしまったはずはありません。それはスマホカメラとSNSによって満たされてもいません。ニーズが潜在化してしまった、あるいは人々があきらめてしまっているのです。

フィルムカメラもデジタルカメラもスマホカメラも、それぞれの目的を達成するためには、連携する手段やサービスとの連携が必須です。その全体のプロセスを通したユーザー体験が顧客価値になります。写真を撮るための機能や性能をいくら向上させても、デジタルカメラの市場を回復させることはできません。

まず、「家族写真や旅行やイベントなどの写真を保管し、家族や友人などとプライベートな共有をする」ための新しい手段やサービスを考えなければなりません。写真は「家族や友人などとプライベートな」コミュニケーションをするためのコンテンツのひとつであるということも考える必要があります。そして、その手段やサービスと一体化した、シームレスで良質なユーザー体験を提供する撮影機器、カメラの機能を再定義します。

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。


あなたが最寄駅に到着したことをGPSで検知して自宅のエアコンや照明をオンにしたり、外出を検知すると家電の電源をオフにしたりする……家電メーカーや、最近では携帯キャリアまでが、スマートホームという構想や、それに基づいた製品やサービスを発表しています。しかし、あなたは、こんなことが本当に必要だと思いますか。

3月に経済産業省が、『スマートホームにおける現状と将来像の実現に向けた検討の方向性について』という資料を公開しました。生活者にとって、スマートホームというものは、どのような価値があるのでしょうか。資料を読み解いてみました。

内容
  • スマートホームとは何か?
  • 家電メーカーが取り組むべきこと
スマートホームは"スマート"じゃない → Wedge Infinity

次回は「家電をスマートにするには?」ということを考えてみる予定です

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。


BLOGOSでたくさんのアクセスをいただいた『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー』と、Wdege Infinityに寄稿した『日本メーカーに出して欲しかったカメラ』『中国を見よ!AIスピーカーをやっている場合ではない理由』で提起した問題について解説をしました。

父の不在が絶望的な製品を生む → Wedge Infinity


記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。



多くのハードウェア製品を発表した10月4日のイベント「Made by Google」では、「ハードウェアを徹底的に見直す」という表現が何度か使われました。アップルが好んで使う「再発明する(reinvent)」という言葉に対して、グーグルは「見直す(reimagine)」、AIファーストで、ソフトウェア起点でハードウェアを見直す。これは、ぜひ日本のメーカーも取り組んで欲しいことです。

前回の『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー』の続編として、

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。

10月4日のイベント「Made by Google」で、グーグルは多くのハードウェア製品を発表しました。そのタイトル通り、グーグルはソフトウェア起点でハードウェアを見直す、見直して製品化する取り組みを強化しています。これまで不可能だと信じていたことが可能になるかもしれない。その「誰もが信じている嘘」に気づくことができれば、その後ろに隠れている未来の真実を発見できる(ピーター・ティール)。グーグルはAIファーストでハードウェアを徹底的に見直し、誰もが真実だと考えていることを、これから嘘にしようとしているのです。

これは、日本メーカーにとって大きな驚異だと思います。ハードウェア起点では、機能の追加や性能の向上といった「正常進化」しか考えることができません。それは他社の製品と比較することが容易で、新製品の企画会議での合意も得やすい。そして、過去の製品の陳腐化戦略というお呪いを唱えながら、絶望的な製品をつくり続けることになります。

機械学習によって、AIの技術開発が飛躍的に進みました。膨大なデータを教材にして、ソフトウェア(AI)が画像や言語などのパターンを学習することによって、与えられたデータから「何かを推論する」ことを高精度で行うことができるようになりました。そして、音声データからテキストを推論する「音声認識」や、テキストからその意図を推論する「自然言語処理」、写真に何(誰)が写っているかを推論する「画像認識」といった単機能のAIを応用し組み合わせた、スマートスピーカーや自動運転車などの新しい製品が生まれています。

しかし、まだ日本のメーカーは、AIを応用した一般消費者向けの画期的な製品を考え出していません。アマゾンやグーグルの音声アシスタント、AlexaやGoogle Assistantに対応したスマートスピーカーが、日本のメーカーからもぞろぞろと発表されていますが、それらはアマゾンやグーグルの製品を真似ただけ、クラウドのAIと音声データをやりとりするだけのハードウェアです。AIブームだからと、とりあえず作ったというような製品です。「おい、ウチもAIの製品は出せないのか?」

日本のメーカーは、ソフトウェア起点で、AIファーストで、自社の主力製品を徹底的に見直すべきではないでしょうか。「誰もが信じている嘘」を発見するには、既成の理論や概念にとらわれず自由に考え、新しいアイデアを生み出す水平思考が必要です。そして、その産業分野に詳しいドメイン・エキスパートが取り組むべきです。AIの技術者である必要はありませんが、その可能性(できることとできないこと)を深く理解していなければなりません。いくらAI技術者やデータサイエンティストを集めても、「誰もが信じている嘘」を発見することはできないでしょう。彼らの出番は、それを発見した後です。

「クルマはガソリンで走るのです」

石油会社の古いコマーシャルでの加藤和彦さんの軽妙な語り口のナレーションでしたが、それはテスラの電気自動車によって嘘になりました。エンジンがモーターに変わっただけでなく、その制御の多くがソフトウェアで行われています。最近、フランスとイギリスが、ガソリンエンジンで走るクルマの販売を2040年までに禁止するという方針を相次いで打ち出しました。ガソリンで走るクルマも絶望的な製品になり始めていますが、法律やインフラなどの課題のためにしばらくの猶予はありそうです。

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ