デザイン思考で行こう!

Life will find a way, we'll find a way technology lives.

昨年末に中国・深圳のスタートアップやアクセラレーターを訪問して話を聞いてきました。ほんの数日の滞在でしたが、日本の戦後にあった、熱に浮かされたような混沌としたエネルギーを感じました。

シリコンバレーのスタートアップのエコシステムに欠けていた、ものづくりのためのサプライチェーンを補完する形で「ハードウェアのシリコンバレー」と呼ばれるようになった深圳は、さらに「デザインド・イン・カリフォルニア、メイド・イン・チャイナ」という構図から脱却して独自のエコシステムを構築しようとしています。

かつてのメイド・イン・ジャパンは、メイド・イン・チャイナに取って代わられました。もちろんメイド・イン・ジャパンにも、まだまだ強みはあります。しかし、すでに中国は国家戦略として、メイド・イン・チャイナ(中国で製造)からデザインド・イン・チャイナ(中国で創造)への転換を打ち出し、新しい価値の創造に向かっているのです。

日本のものづくりも「もの造り」から「もの創り」に変わる必要があります。月刊Wedgeの1月号で、「日本のものづくりを復活させるには、既存事業の製品を企画し開発するプロセスに、製品のコンセプトを再定義して新しい価値を創造するステップを組み込む必要がある」と提言し、その取り組みを「リデザインド・イン・ジャパン」と呼びました。

「アップルは電話を再発明する」でおなじみの「再発明(リインベント)」はマーケティング用語ですが、リデザインはそのプロセス(方法論)です。アップルは電話(iPhone)や携帯音楽プレーヤー(iPod)をリデザインしたのです。

既存事業の製品をリデザインする。「既存事業」とは、他社の既存事業を含みます。他社の既存事業の製品であれば、アップルのように破壊的イノベーションを仕掛けることになりますが、自社の製品か他社の製品かは、あまり重要なことではありません。

なぜ既存事業の製品(のリデザイン)なのか。それは、すでに大きな市場、多くの顧客を獲得しているからです。製品のイノベーションというと、それまでまったく存在しなかった製品を発明することと考えがちですが、人々の生活に大きな影響を与えるような製品は、iPhoneやiPodのように既存の製品の置き換えるものであることが多いのです。

人々の基本的なニーズは不変で、技術によってその手段が変化してきました。その時点で利用可能な技術によって、満たすことが可能なレベルには限界があります。日本のものづくりは、技術の進化によって、そのニーズをどこまで満たすことができるかを追求してきました。リデザインとは、その基本的なニーズに立ち戻って、新しい技術で、それをどのように満たすことができるかをゼロから考え直すことです。

ラスベガスで開催されたCESで、今年の3月で創業100年を迎える「家電メーカー」パナソニックのブースには、家電が出品されていなかったようです。
何の会社なのか……。それは正直言って私も自問自答している。創業者が始めた家電事業の存在感が大きいため、家電が主軸ではないと言った途端に喪失感があるのはぬぐいきれない。(津賀一宏社長)
2018/1/12 日本経済新聞 電子版
戦後の「混沌」から生まれた(再生した)、パナソニックやソニーなどの日本の「ものづくり企業」は、一般消費者向けの最終製品をつくるのをあきらめ、スマートフォンや自動車などの部品メーカーへ転身しようとしています。しかし、白物家電や、テレビやオーディオ機器などを使う人々の基本的なニーズがなくなることはありません。それらの製品をリデザインすることによって、津賀社長の悩みを解決することができるのではと思うのです。


Wedge (ウェッジ) 2018年 2月号 [雑誌]
Wedge編集部
株式会社ウェッジ
2018-01-20






記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。

経済産業省が推進するスマートホームでは、「ユーザーはスマートスピーカーなどを使って、音声でクラウド上の音声アシスタントに家電の操作を指示し」「音声アシスタントは、それを家電メーカーのサービスクラウドに伝え」「サービスクラウドが家庭内の機器を操作する」という流れになっています。それを図にすると、家電メーカーにとって残念な三つのことが見えてきます。
  1. 残念ながら他社との差別化はできない
  2. 残念ながら重要なデータは蓄積できない
  3. 残念ながらプラットフォームは押さえられない
しかし
  • アシスタントには限界がある
  • だから家電がユーザーと会話すれは良い
という提案です。

家電を賢くするには? → Wedge Infinity

本年の更新はこれまでになります。

発売中の月刊Wedge 1月号の特集「ものづくりの未来」では「日本の製造業に欠けていた新しい価値の創造」を担当しました。次号では、深セン取材を元に続編を書く予定です。

では、みなさま、良いお年を
川手恭輔


Wedge 1月号の「ものづくりの未来」という特集の中で「サービス起点でハードウェアを再定義する」ということを提案しました。これまでにもカメラやテレビなどの再発明、再定義について考えて来ましたが、「サービス起点でハードウェアを再定義する」ことについて、カメラを例に説明します。

カメラがデジタル化されても、私たち、一般の生活者が写真を撮る目的に大きな変化はありませんでした。家族や旅行やイベントの写真、そして趣味で写真を撮って、それを保存してプライベートな共有をしています。
カメラのデジタル化は、私たちに「手軽に写真を撮ることができる」というメリットをもたらしましたが、撮った大量の写真をどのように保管するのか、どのように家族や友人たちと共有するのかという、新たな煩わしい問題を生み出しました。

フィルムカメラ時代のDPEやアルバムは、「家族写真や旅行やイベントなどの写真を保管し、家族や友人などとプライベートな共有をする」ための、誰もが使うことができる手段やサービスでした。しかし、写真はメモリーカードに記録し、パソコンに転送し、オンラインアルバムなどのサービスで共有したりしなければならないものになりました。膨大な量の写真が、メモリカードやパソコンに保存されたままになっているかもしれません。

一方で、スマホカメラとSNSは、それまでになかった「ソーシャルな共有」という、新しい写真の体験を生み出しました。Facebook、Instagram、Twitter、LINE、Snap...写真を共有するSNSを数え上げれば切りがありません。人々が撮った写真は保管するものではなく、コミュニケーションに欠かせないコンテンツだったことを、私たちは再発見しました。

写真のソーシャルな共有という目的では、スマホカメラで"good enough"です。アップルやグーグルやファーウェイの最新のスマホのカメラでは、それ以上の素晴らしい写真が撮れるようになりました。クラウドではなく機器でAIが動くようになったそれらのカメラは、今後、写真を撮るための作業を大きく減らしてくれるようになるでしょう。

しかし、表を見れば、デジタルカメラの市場が縮小した原因がスマホカメラではないことがわかると思います。デジタルカメラで撮った「家族写真や旅行やイベントなどの写真を保管し、家族や友人などとプライベートな共有をする」ための「パソコンとオンラインアルバム」という手段やサービスのわかりにくさ、使いにくさ、面倒くささ、すなわちユーザー体験の悪さが、人々の、デジタルカメラを使おうという意欲を失わせているのです。

しかし、「家族写真や旅行やイベントなどの写真を保管し、家族や友人などとプライベートな共有をする」というニーズがなくなってしまったはずはありません。それはスマホカメラとSNSによって満たされてもいません。ニーズが潜在化してしまった、あるいは人々があきらめてしまっているのです。

フィルムカメラもデジタルカメラもスマホカメラも、それぞれの目的を達成するためには、連携する手段やサービスとの連携が必須です。その全体のプロセスを通したユーザー体験が顧客価値になります。写真を撮るための機能や性能をいくら向上させても、デジタルカメラの市場を回復させることはできません。

まず、「家族写真や旅行やイベントなどの写真を保管し、家族や友人などとプライベートな共有をする」ための新しい手段やサービスを考えなければなりません。写真は「家族や友人などとプライベートな」コミュニケーションをするためのコンテンツのひとつであるということも考える必要があります。そして、その手段やサービスと一体化した、シームレスで良質なユーザー体験を提供する撮影機器、カメラの機能を再定義します。

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。


あなたが最寄駅に到着したことをGPSで検知して自宅のエアコンや照明をオンにしたり、外出を検知すると家電の電源をオフにしたりする……家電メーカーや、最近では携帯キャリアまでが、スマートホームという構想や、それに基づいた製品やサービスを発表しています。しかし、あなたは、こんなことが本当に必要だと思いますか。

3月に経済産業省が、『スマートホームにおける現状と将来像の実現に向けた検討の方向性について』という資料を公開しました。生活者にとって、スマートホームというものは、どのような価値があるのでしょうか。資料を読み解いてみました。

内容
  • スマートホームとは何か?
  • 家電メーカーが取り組むべきこと
スマートホームは"スマート"じゃない → Wedge Infinity

次回は「家電をスマートにするには?」ということを考えてみる予定です

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。


BLOGOSでたくさんのアクセスをいただいた『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー』と、Wdege Infinityに寄稿した『日本メーカーに出して欲しかったカメラ』『中国を見よ!AIスピーカーをやっている場合ではない理由』で提起した問題について解説をしました。

父の不在が絶望的な製品を生む → Wedge Infinity


記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。



このページのトップヘ