デザイン思考で行こう!

Life will find a way, we'll find a way technology lives.

2018年04月

「世界はインターネット革命の第三の波に入った。世界のスタートアップコミュニティは、その技術を、それぞれの産業についての専門知識と組み合わせることによって、既存の産業を破壊しようとしている。これは、小規模で未成熟なスタートアップエコシステムがゲームを変えるチャンスであり、そのDNAやレガシーな強みを活かして、グローバルレベルで競争上の優位性を確立することができる」

4月17日にイスタンブールで開催された世界起業家会議(GEC)で、スタートアップゲノムと世界起業家ネットワーク(GEN)による『グローバルスタートアップエコシステムレポート2018』が公開された。冒頭の言葉は、スタートアップゲノムのCEOで共同創業者のJF・ゴーチエが、そのプレスリリースで述べたものだ。

このレポートは、100万社以上の企業と約100の地域のスタートアップエコシステムに関するデータ、そして10000人以上のスタートアップ経営者への調査データに基づいて、次の10の大項目の指標から、世界24カ国の43都市のスタートアップエコシステムを評価し、指標ごとのランク付けを行っている。

パフォーマンス(経済的な成果)、資金調達、マーケットリーチ(自国および海外の市場)、グローバルコネクテッドネス(他のエコシステムとのつながり)、リソースアトラクション(資金や人材を惹きつける魅力)、スタートアップエクスペリエンス(蓄積された価値と多様性)、才能(人材:ソフトウェアエンジニア)、起業家(マインド、DNA、ノウハウ、グロバール展開の意欲と戦略)、ローカルコネクテッドネス(ローカルな関係の強さ、コミュニティの質)、組織(支援環境やプログラムやイベント)

レポートの2017年版では、「情報技術産業が世界経済の2倍の速さで成長し、あらゆる種類の産業を変革している。経済価値の数兆ドルは、情報技術産業によって創出されており、その大半はスタートアップによって推進されている」とも報告している。

言語の問題や現地のパートナーが見つからないなどの理由からか、東京やソウルなどの都市は調査対象になっていないが、スタートアップを生み育てるエコシステムの構築は、日本経済の成長に欠かせないことだ。
ecosystem
このエコシステムに関係する可能性のある方々に、レポートのご一読を強くお勧めしたい。

以下、レポートのほんの一部を翻訳して紹介する。
未来の起業家革命と技術の新時代

世界的なスタートアップ革命は拡大し続けている。グローバルでのベンチャーキャピタルのスタートアップへの投資は、2017年に、ここ10年で最も多い1400億ドル以上になった。2015年から2017年までのグローバルなスタートアップ経済の価値創出の総額は、2014年から2016年の期間から25.6%増加して2兆3000億ドルに達した。

この継続的な成長の下で、根本的な変化が起こっている。第一世代と第二世代のスタートアップエコシステムから生まれ育った、ソーシャルメディアアプリ、デジタルメディア、その他の純粋なインターネット企業といったタイプの企業は減少している。

これらの企業は、新世代のスタートアップが利用する現在のインフラを構築した。FacebookやGoogleは、グローバルなマーケティングのプラットフォームであり、Wordpressはコンテンツパブリッシングのためのツールだ。しかし、これらのサブセクターのスタートアップの起業は、これまでのようには増加しておらず、場合によっては減少している。

シリコンバレー、ロンドン、ニューヨークのようなトップレベルのスタートアップハブは、引き続きトップレベルの活動を続けており、ほとんどのサブセクターのトップパフォーマーとしての地位を維持している。しかし、フィンテック、サイバーセキュリティ、ブロックチェーンなどの特定のセクターで、強力で有望なエコシステムが出現している。スタートアップのマップの地理的かつ経済的な変化は、世界が「技術の新時代」に向かっていることを示している。

インターネットの第三の波

直近の起業家革命は、ほぼすべてがインターネットの基盤上に構築され、情報通信の技術セクターによってドライブされたものだ。これらの革命によってもたらされる価値は、インターネット自身が頼りどころにしている、シリコンベースのマイクロチップの世界屈指の生産地域であるシリコンバレーによって独占されてきた。

しかし、現在と未来の起業家革命は、情報技術とインターネットにフォーカスしたビジネスだけでなく、多様なビジネスを生む可能性を持っている。1990年代初頭から2000年代にかけて、有名なテクノロジー企業は、インターネット検索、電子メール、ソーシャルメディア、ビデオなどの、ウェブやモバイル上で完結するビジネスを構築してきたが、今後の革新的な技術は「現実世界」を変革するだろう。それらは人々のウェブ上での行動だけでなく、現実世界での行動も変え、輸送、医療、重工業、農業、さらに多くの分野の現実世界の産業が影響を受けることになるだろう。起業家であり投資家でもあるスティーブ・ケースは、これをインターネット革命の第三の波と呼んでいる。この革命の最初の波は、スティーブ・ケースが創業したAOLのような、インターネットの基礎を築くことに貢献した企業によって牽引された。第二の波は、ソーシャルメディア、インターネット検索、電子メールをウェブで構築したグーグルやフェイスブックなどの企業が主導し、スナップチャットのような企業がスマートフォンに特化したアプリをつくった。第三の波は、これらの活動と経験を「現実世界」の特定の垂直産業に持ち込むだろう。

技術の新時代:第三の波とディープテック

技術の新時代には、次の二つのいずれかに取り組むスタートアップが成功するだろう。
  1. 第三の波の特定の垂直サブセクターに取り組む:ウーバーはモビリティ、エアービーアンドビーはホスピタリティー
  2. ディープ・テックに頼る:分散台帳(DLT)、AI、ライフサイエンスなどの革新的な技術によって可能になる事業を起こす
サブセクターの成長データをみれば、第三の波とディープテックの立ち上がりがはっきりとわかる。最も急速に成長しているサブセクターは、すべて第三の波かディープテックの事業領域に該当し、衰退しているサブセクターは主に第一、第二の波のスタートアップの技術に関連するものだ。

増加したサブセクター(5年間のアーリーステージの投資案件の増加)
第1位 先進製造とロボティクス(189%)
第2位 アグテックとニューフード(171%)
第3位 ブロックチェーン(163%)
第4位 AI、ビックデータと分析(77%)

減少したサブセクター(5年間のアーリーステージの投資案件の減少)
第1位 アドテック(35%)
第2位 ゲーム(27%)
第3位 デジタルメディア(27%)

減少したサブセクターは、主にインターネットの第一、第二の波に関連している。まったく同じではないが、2015年から2017年に株式公開したハイテク企業の業績にも同様の傾向が認められる。新しい時代のサブセクターは、アドテックのような成熟したサブセクターよりもIPO後の収益成長率において優れている。アグテックやニューフードは、IPOの数は少なくても、四半期ごとの収益成長率はさらに高くなっている。

卓越したスタートアップハブ

この「技術の新時代」に、小規模なエコシステムが勢力を拡大するための戦略の一つは、既存の強みを持つ垂直産業(第三の波)またはディープテックの特定のサブセクターにフォーカスすることだ。世界のトップパフォーマーになることができるエコシステムはわずかだが、多くの小規模なエコシステムが、特定のサブセクターのトップ集団に入る可能性がある。たとえばドイツのフランクフルトは、技術の新時代に向けて、経済分野での強みをテコにして、その戦略を着々と実行に移している。

フランクフルトは欧州中央銀行の本部を持ち、欧州連合(EU)の金融の中心であり、金融​​サービス機関には7万人以上が雇用されている。さらに、この都市には、金融業界の5つのフォーブス2000企業が存在し、合計で663億ドルの時価総額がある。これらの強みに基づいて、アクセラレータ、企業が関与する取り組み、そしてコワーキングスペースといった、ターゲットを絞ったプログラムを通じて、フィンテックに向いたエコシステムを構築することにフォーカスしている。

私たちが研究した100近くのエコシステム全体の中でも、フランクフルトは、一つのサブセクターのスタートアップに最も集中しているエコシステムの一つだ。2012年から2017年の間に、ローカルのベンチャーキャピタルによる投資の50%以上が、フィンテックのスタートアップに投入された。

この戦略は、ほんの数年で良い結果が出た。ドイツで最大のフィンテックのエグジット(株式公開あるいは他社に高額で買収されるという目標を達成すること)がフランクフルトで行われたのだ。フランクフルト証券取引所を運営するドイツ取引所(Deutsche Borse)が、外国為替取引を行うスタートアップ、360Tを約8億ドルで買収した。

フランクフルトは40番目の規模のエコシステムに過ぎないが、スタートアップあたりのアーリーステージの資金調達の指標では世界で21位、コミュニティのセンス(ローカルコネクテッドネスの指標、起業家と投資家の関係性など)では世界で7位にランクされている。さらに、フランクフルトの起業家は、トップエコシステムと世界的に結びついており、それは、グローバルなマーケットリーチやエコシステムのパフォーマンスと高い相関関係がある指標だ。フランクフルトは、グローバルコネクテッドネスで世界5位にランクインしている。トップパフォーマンスのエコシステムの起業家達は、フランクフルトに来て、そこの起業家達とネットワークを構築している。それは、そこにファイナンスの専門知識とフィンテックのスタートアップが集中していることを反映しているようだ。これらの指標でフランクフルトと同様のパフォーマンスを有する小規模のエコシステムは、他にはヘルシンキとリスボンの二つしかない。それぞれ、スラッシュとウェブサミットという世界的なテックイベントの開催地になっている。

西対東:中国の台頭と米国の支配力の低下

「卓越したスタートアップハブ」の出現という、起業活動のマップの世界的な変化は、アジアにおける活発な動きの増加と米国の優位性の低下を示していると見ることができる。米国とシリコンバレーは、世界のスタートアップエコシステムの中では、依然として最高の価値を創造しているものの、これまでほどには突出していない。

過去6年間、アジア太平洋諸国の資金調達のシェアは増加したが、米国のシェアは減少した。2017年の米国におけるベンチャーキャピタルのスタートアップへの投資は、アジア太平洋地域と同額で、全体の42%を占めた。2016年から2017年で見ると、米国は少しだけ上回っていた。

この変化は、主に中国の成長によるものだ。 2014年には、中国出身のユニコーン(10億ドル以上の企業価値のついたスタートアップ)は13.9%だけだった。2017年と2018年(現時点まで)には、その数は35%に成長したのに対し、米国は61.1%から41.3%に減少した。

ユニコーンのエグジットに関しては、まだ米国が支配的だ。これはユニコーン現象が他国より早く始まったからだ。2016年から2017年にかけての、全世界のユニコーンのエグジットの65%が米国出身になっている。

過去20年間の特許出願で最も成長をした10カ国のうち、8カ国がアジアにある。特許は一つの指標に過ぎないものの、知識生産のこの大幅な増加は、AIとブロックチェーンの二つのサブセクターで特に顕著だ。

ベンチャーキャピタルの投資額で測れば、これらの二つのサブセクターでの米国のスタートアップは活発だが、中国の2017年の特許出願件数は、AI関連特許で米国の4倍、ブロックチェーンおよびCrypto関連特許で米国の3倍となっている。

未来のエコシステムを構築する。「技術の新時代」のエコシステムの構築には、技術全体をみるだけでなく、特定のサブセクターに注意を払い、そこに投資する必要がある。これは、特により小規模なエコシステムに当てはまる。新興のエコシステムが、すべての技術セクターで競争することは不可能だが、小規模なエコシステムが、いくつかのサブセクターの「卓越したスタートアップハブ」になることは非常に現実的だ。

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。

4/10発売の「ハーバードビジネスレビュー5月号」の「ハブ・エコノミー;少数のデジタル企業が世界を牛耳る時代」という論考は、ネットワークを活用した水平型のハブ構造のビジネスモデルの脅威を解説しています。

「ソフトウェアが世界を呑み込んでいる」と共通する問題意識です。

拙稿では、それに対して、日本メーカーは、自社のハードウェアをソフトウェア(新しいサービス)視点で再定義し、その産業に特化した垂直型ハブ構造のビジネスモデルを構築すべきと主張します。


家電などの一般消費者向けの製品をつくる日本のメーカーでは、新しいものを生み出すための「アイデア出し」という取り組みが行われているはずだ。不定期に開催されるものであったり、イノベーション創出のための一時的、あるいは定常的な組織が存在したりもする。それらは、かなり以前から、名前や形態や責任者を変えながら、新しい取り組みとして、なんどもメディアに取り上げられてきた。しかし、そこから、一つの事業の柱となるような革新的な製品が生み出されたのを見た記憶がない。

ソニーの創業者の井深大さんの「海外出張に行くときに、飛行機の中で自由に音楽を聞けるもの」というアイデアから、それまでに存在しなかった「外で音楽を聴くためのハードウェア」が発明された。

WALKMANは、それまでになかった携帯音楽プレーヤーを発明し、iPodは、それを再発明した。WALKMANは、外出先で、あるいは歩きながら音楽を聴くという新しい体験を創造し、iPodはその体験を大きく改善した。しかし、最も大きな違いを乱暴に言えば、WALKMANは偶然から生まれ、iPodは意思によって生まれた。

「アイデア出し」の取り組みは無駄ではないだろうし、無意味と言うつもりもない。しかし、一つ大きな疑問がある。

産業革命以降、そして特にデジタル革命以降、多くのハードウェアの発明がなされた。もはや、WALKMANのような「まだ存在しないもの」を発明する余地は残されていないのではないか(但し、ソフトウェアには無限の可能性がある)。そのような状況では、いくら新しいものを生み出すための「アイデア出し」を行っても、バラエティ雑貨店で売られているようなアイデア商品しか思いつくことができない。

メーカーは、WALKMANではなくiPodをつくる取り組みをすべきだ。iPodはそれまで存在しなかったものではなく、WALKMANを置き代えるものだった。

WALKMANによって、携帯音楽プレーヤーという大きな市場が形成されていた。iPodはWALKMANのユーザーが潜在的に抱えている問題を発見し、それを解決するユニークな価値をデザインし、そしてプロダクトマーケットフィットに注力すればよかった。

それに対し、WALKMANをつくろうとすれば、エリック・リースの『リーン・スタートアップ』やスティーブ・ブランクの『アントレプレナーの教科書』でお馴染みの「アイデア(仮説)を検証する」という「顧客発見」のプロセスが必要になる。

例えばリーン・スタートアップは、仮説検証に必要な最小限のプロダクト(MVP)をつくり、それを実際の顧客に使ってもらい、その反応を検証しながら、構築(BUILD) −計測(MEASURE)−学習(LEARN)の学習サイクルを繰り返すことを提唱している。しかし、これは無償で提供することができ、非常に少ない期間とコストで構築が可能なソフトウェア(Webサービス)だからこそのプロセスであり、ハードウエア製品では不可能だ。

そこで、アイデアを視覚化して、クラウドファンディングや社内の人気投票などの手段で、「顧客に問う」ことを代替えしたりしている。しかし、それでは仮説検証にはならない。クラウドファンディングで初期顧客を惹きつけることはできるが、それが、実際に製品化した後で、多くの顧客を獲得することに繋がることはない。

社内での人気投票は、無責任であるだけでなく、どのような基準で投票するのかが曖昧なままではないだろうか。皆が「あったらいい」と思う程度のものであるならば、きっとそれは取るに足らないものだ。

さらに、視覚化されたアイデアは、演出されており、実際に顧客が感じる体験の価値が誇張されている。そのようなもので、「顧客が対価を払った後に感じる価値」を評価することはできない。アイデアの視覚化は、主に、確信犯が投資家や決裁者の興味を惹くためのプレゼンテーションに使われる。

「iPodをつくる」ということは、偶然のアイデアに頼るのではなく、既存事業の製品を置き代えるものをつくるということだ。家電でもカメラでも、そしてすでにスマートフォンのアプリになってしまった携帯音楽プレーヤーでも、その市場に経験と知識がある、自社の製品を置き代えるチャレンジをすれば良い。顧客を発見する必要はない。顧客はそこに居る。

メーカー企業のトップは、「既存事業の製品を置き代える」という強い意志を示すべきだ。それは、現行事業を破壊するかもしれない。その取り組みを、どのように現行事業のオペレーションに組み込むかを考えるのがトップの仕事だ。

シリコンバレーに綺麗なオフィスをつくるのもいい(羨ましい限りだ)が、そんなことでイノベーションが生まれるはずがない。アイデア出しの段階のスタートアップに、そんな恵まれた環境が提供されることはない。何も結果を出していないグループを優遇しても、彼らに今日の飯を食わしている現行事業のメンバーとの軋轢を生むだけで、それはイノベーションの大きな妨げになる。

トニー・ファデルの大量の音楽を入れられるプレーヤーをつくろうという意志と、デジタル時代のプラットフォームを構築しようというスティーブ・ジョブズの意志によってiPodが生まれた。「iPodはプロダクトマーケットフィットに注力すればよかった」と書いたが、それには三年の時間がかかっている。

「意志の上にも三年」というわけだ。

「再発明」のご相談は、contact に @ibornb.red をつけたアドレスまでメールでお寄せください。
川手恭輔(Internet Born & Bred)




4月17日にイスタンブールで開催された世界起業家会議(GEC)で、スタートアップゲノムと世界起業家ネットワーク(GEN)による『グローバルスタートアップエコシステムレポート2018』が公開された。2018年版のレポートの基調は、「世界はインターネット革命の第三の波の段階に入った」というものだ。
1990年代初頭から2000年代にかけて、有名なテクノロジー企業は、インターネット検索、電子メール、ソーシャルメディア、ビデオなどの、ウェブやモバイル上で完結するビジネスを構築してきたが、今後の革新的な技術は「現実世界」を変革するだろう。それらは人々のウェブ上での行動だけでなく、現実世界での行動も変え、輸送、医療、重工業、農業、さらに多くの分野の現実世界の産業が影響を受けることになるだろう。
アルビン・トフラーは1980年に出版した『The Third Wave』で、農業革命後の第一の波と産業革命後の第二の波に続いて起こる、情報革命という第三の波を予言した。AOLの元CEOで共同創業者のスティーブ・ケースは、同名の著書(日本語版は『サードウェーブ』)のなかで、トフラーの予言どおりに起きている現在の情報革命を、さらに三つの段階(波)に分類している。

人々をインターネットにつなげ、人と人とをつなげるインフラと土台を築いた第一の波を経て、すべての消費者がスマートフォンを持ち、Eコマースやソーシャルネットを利用する現在は第二の波の段階だ。第二の波に乗ったアマゾンやフェイスブックやグーグルは、あらゆる産業を横断的にネットワーク化した、水平型のハブ構造のビジネスモデルで大きく成長した。

Eコマースは、人々の購買行動を大きく変化させ、既存の小売業を破壊し続けている。アマゾンは、メーカーが製造した製品を人々に届ける「小売」というボトルネックをソフトウェア化し、書籍から始めて生鮮食品に至るまで、取り扱う商品を水平展開した(水平型のハブ構造のビジネスモデル)。

すでにインターネット革命の第三の波は始まっている。ウーバーはライドシェアサービスによってタクシー産業を脅かし、エアービーアンドビーは、民泊によって人々の現実社会での行動に変化を与えた。そして、それぞれモビリティ、ホスピタリティという垂直セクターを変革しようとしている。

それは、自動車やホテルといった、人々が実際に利用する最終商品を提供する現実社会の産業に大きな影響を与えることになる。例えば、自動車は購入して所有するものではなく、シェアしたり、必要なときに好きな場所で利用したりできる、新しいモビリティ(移動手段)サービスの一部になっていく。

インターネット革命の第三の波では、あらゆる産業がソフトウェア化し、物理的なビジネスと電子的なビジネスの境界が曖昧になる。すなわち、すべての既存の産業のビジネスモデルが破壊される可能性があると考えなければならない。

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。







「私は、この先の10年で、より多くの産業がソフトウェアによって破壊されると予想している。多くの場合、その破壊は、最先端の新しいシリコンバレーの企業によるものだろう」

マーク・アンドリーセンが、2011年にウォール・ストリート・ジャーナルに寄稿したコラム『なぜソフトウェアが世界を呑み込んでいるのか』で予想したとおり、ソフトウェアは、それまで無関係だと思われていた産業や、古いビジネスモデルに基づいた産業を次々と呑み込み、ソフトウェア化の波に乗れない企業を窮地に陥れている。

『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー(過去記事)』が、ソフトウェアに呑み込まれずに生き残り成長する術はあるのか?

.好拭璽肇▲奪廚謀蟷颪擦茵 → Wedge Infinity


セオドア・レビットの「マーケティング近視眼」は、2001年11号のダイアモンド社のハーバードビジネスレビューに掲載され、1960年にマッキンゼー賞を受賞した古典的な論文だ。
鉄道が衰退したのは、旅客と貨物輸送の需要が減ったためではない。それらの需要は依然として増え続けている。鉄道が危機に見舞われているのは、鉄道以外の手段(自動車、トラック、航空機、さらには電話)に顧客を奪われたからでもない。鉄道会社自体がそうした需要を満たすことを放棄したからなのだ。鉄道会社は自社の事業を、輸送事業ではなく、鉄道事業と考えたために、顧客を他へ追いやってしまったのである。事業の定義を誤った理由は輸送を目的と考えず、鉄道を目的と考えたことにある。顧客中心ではなく、製品中心に考えてしまったのだ。
『T.レビット マーケティング論(有賀裕子訳)』より
半世紀よりも古い、米国の鉄道事業の衰退の原因を指摘した言葉だが、「鉄道」と「輸送事業」という二つの言葉を言い換えるだけで、いろいろな事業の衰退を形容することができる。

鉄道に取って代わった、その自動車産業も、マーク・アンドリーセンの2011年の言葉どおり、ソフトウェアに呑み込まれようとしている。自動車は購入して所有するものではなく、シェアしたり、必要なときに好きな場所で利用したりできる、新しいモビリティ(移動手段)サービスの一部になっていく。

自動車産業以外のハードウェア・メーカーも、既存のハードウェアをどのように進化させるかではなく、まず、そのハードウェアを使ってきた人々の行動を変革するソフトウェアを考え、そのソフトウェアに必要な最小限のハードウェア(Minimum Viable Hardware)はどのようなものか、ということをゼロから考える必要がある。ハードウェア近視眼では、まもなくソフトウェアに呑み込まれる。

これまでのように「モノをつくって売るだけ」のビジネスで収益を上げることは難しくなる。海外のソフトウェアに、ハードウェアを部品として提供するだけ、というデジャブのようなことにもなりかねない。日本メーカーは、新たなビジネスモデルの開発に積極的に取り組まなければならない。

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。



You-know-who is apparently planning to come back to work and make a surprise speech at the coming event in June. Today, I obtained in secret a transcript of his rehearsal typed by someone on inside.
Thank you for coming.

You know, it was.. uh it was so many years ago that I was up here with a historic.. uh lovely music player in my pocket. We’re gonna make some history together again.

Can you see what I have in my hand? This is a new digital camera.

Everyone seems to be disappointed. Well, listen to me for a moment, and you become surely want this camera.

We all love taking photos, don't you?

When you take photos of precious memories you want to leave, such as fun trips, your kids are playing, wedding ceremonies, and so on, I wonder if you use a digital SLR.

And when you find something SNS-worthy, such as delicious pancakes, you might take photos with a smartphone and share them instantly with your friends. It seems the point-and-shoot camera have become less used anymore.

I'd like you to look at some photos.

A kid is playing soccer. It seems to be taking from quite a distance, but his expressive look is so cute. The surroundings are beautifully blurred, and he impressively stands out. Next, this photo captured the moment of kicking the ball well.

They are just like professionals, right? The kid playing soccer and who took the photos as well.

Well, how are these bride's photos? You could see the difference in texture of hair, skin, dress and cape respectively. I like the lights softness. This photo is also nice, and this is backlit..

They are all wonderful photos. You think so, too, right?

It might be a little difficult to take these photos by smartphone. If you study and practice shooting with a digital SLR, you will be able to take wonderful photos. Even with a slightly expensive point-and-shoot camera, you can take them if you try hard and set fine settings. But, then it cannot be called point-and-shoot.

Actually, we’re gonna reinvent the point-and-shoot camera, and here it is. We took all the photos I showed with this small camera without any fine settings.

Let’s look at how taking photos.

A kid appears small on the LCD screen. Doing like this, you see, close-up his face. And like this you can blur the surroundings, and then you have only to press the shutter. 

Next, you're chasing a running kid. The camera keeps the kid in focus properly. As the ball is rolling over here, only pressing the shutter you can take photos continuously and put them into a flip photo.

With such a small camera, you can take photos as if they were taken by digital SLR. Isn't it too easy?

To make it possible for anyone to take wonderful photos like this, it's very important to make the user interface intuitive. Everyone doesn't want to study or practice to master the camera operation. A camera that can take great photos easily is the best camera, don't you think so?

Technology is not for making things difficult.

Some people might have fun doing difficult things, but most people would like to do awesome things easily. Don't you think it's strange that you have to think about such things as resolution, ISO sensitivity, white balance, etc., when you're gonna capture a moment?

If you have to concentrate on taking photos, it would be impossible you enjoy the precious time.

Leave troublesome things to Artificial Intelligence which has deep-learned a huge number of photos taken by professional photographers. 

Well, don't you start wanting this cool camera? But this is not the only breakthrough thing of this camera.

Everyone takes photos with a smartphone and shares them with SNS. And also, everyone takes photos of family, private events and trips, and a lot of everyday snaps. How do you share and enjoy with your family those precious photos?

I wonder if you don't have much opportunity to enjoy enough while leaving them in a computer or possibly memory cards.

Seeing photos with family, talk about the memories together - such happy times were lost. In the future, when your children grow up, can you give them the photos? How will you hand over the photos of your father and mother?

Don't leave in your computer or memory card such important photos in your life. If you keep them in the cloud, you can easily access from any smartphone anywhere, and share them with your family easily. But it's troublesome to download a lot of photos taken with a digital camera to a computer and then upload it to the cloud.

This camera doesn't need to upload taken photos to the cloud. It doesn't record on the memory card, but it will record photos in the cloud from the beginning. Communication? There is no need to worry about such a thing.

Leave it to the smartphone to take photos you want to share immediately. Take this camera when taking photos you want to keep forever. Since all photos are in the cloud, it's easy to share with or give to your family.

But, I've not talked about the most important thing yet.

No matter how you can take nice photos and even if you can easily put them in the cloud, with just that, it is not much different from the digital camera of the past. I will stop telling "record in the cloud" because  it doesn't a matter of where to record photos. All we need is to enjoy memories.

The digital cameras up to now focused only on taking photos. They were things to make files called photos. Suddenly our photos are just files, files that need managing. For most people this is annoying, stressful and mainly a boring and time consuming task. But for today, we're gonna move on.

We did not make a thing to make files. We designed and created a new experience to regain the value of important photos that everyone has lost. 

Now, why digital camera? Well, we love taking photos. And it’s always good to do something you love. More importantly, taking photos is a part of everyone’s life. Photos have been around forever. They will always be around. 

(video starts)
The video on my hand shows some scenes: photos of time spent with family are shared by all family members and a conversation begins, a child receives from parents the timeline that photos of her childhood are lining up, and a late grandfather's timeline is handed over to his family..


Today is April 1, is this real? 

Innovation, is it something only he can do? He could reach anything. He could do anything. So can you anything that you try.

日本語はこちら→ Wedge Infinity (Japanese)


このページのトップヘ