医学や感染症に関してはズブの素人ですが、SNSやテレビ報道(ワイドショー)などの雑多な情報を私なりに整理して考えてみました。

おそらく事実だと思えるたった二つのこと:
・夏になってもコロナウィルスは死に絶えない(季節性と呼ばれるインフルエンザウィルスも夏に生きていて流行することがある)
・人々の行動を制限することによって感染の拡大を抑えられる

これらが事実だとすると、行動制限が緩和または解除されると、再び感染が拡大し、「行動制限」「制限解除」が繰り返されることになります。武漢では都市閉鎖が解除されましたが、武漢内での新たな感染者の確認がされなくなったとしても、人々の行動が活発になり範囲が拡大すれば、再び感染が拡大するでしょう。他地域のウィルスが人と共に流入してきます。

「緊急事態宣言」は、これまでの「行動制限」の要請を強化するものです。それは諸外国の「行動制限」に比べて緩いという意見もありますが、「行動制限」は感染爆発による「医療崩壊」を防ぐことだけが期待効果でしょう。どんなに厳しい「行動制限」をしても「制限解除」すれば、再び「感染拡大」が始まるのではないでしょうか。

夏になって暑くなれば、コロナウィルスの感染力が弱まることは期待できそうです。それによって「感染拡大」のスピードが弱まり、「行動制限」までの時間が長く「制限解除」までの時間が短くなるかもしれません。

アビガンなどの「治療薬」によって患者の重症化を防ぎ、回復を促進して、早く退院させることができれば「医療崩壊」の危険性を大きく減らすことができるでしょう。しかし、ワクチンができなければ感染を防ぐことは非常に難しい。残念ながら、1ヶ月間の「緊急事態宣言」による「行動制限」だけで、数ヶ月前のような安心した生活に戻ることは期待できない。

・政府と自治体は「医療崩壊」と「経済崩壊」を招かないギリギリのレベルでの「行動制限」の要請を実施するしかない
・私たちはワクチンができるまで「感染拡大」「行動制限」「制限解除」が繰り返されることを覚悟する

ワクチンができるまで一年ぐらいはかかるようです。それは、人口の大多数が感染して抗体を持つようになるよりも早いでしょう。その時間を覚悟し、その時間をどのように費やすのか。自分にとって本当に大切なことは何か、あるいはその価値観を考え直す必要があるなぁと、しみじみ思った次第です。