トランプ新大統領は、メキシコとの国境に壁を築き、徹底的な管理強化によって不法移民を排除するだけでなく、制度の改正によって、新たな合法的な移民や外国人の就労者も大幅に抑制しようとしている。移民や外国人労働者の代わりに賃金の高いアメリカ人労働者を雇い入れることになれば、製品の生産コストは上昇することになる。当然、経営者はコストダウンをはかるために自動化を加速するだろう。移民や外国人労働者を追い出すことができても、AIによる自動化の波を止める壁を築くことはできない。

「トランプに投票する」という非暴力のテロリズムを生んだ経済的格差は世界中に蔓延し、それはAIによって拡大し深刻化する。 

Wedge Infinity連載コラム(AIはシンギュラリティの夢を見るか?)

昨年末にホワイトハウスが公開した、AIによる自動化がアメリカの労働市場や経済に及ぼすであろう影響を分析・予想した『Artificial Intelligence, Automation, and the Economy』というレポートのExecutive Summary(長文)の抄訳も掲載しました。

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。