音声アシスタントというプラットホームには、会話というユーザーインタフェースならではの体験を提供する、そして収益性をも兼ね備えた、まったく新しいアプリが生まれる可能性があるように思います。そして、Google Assistantには、それを予感させる二つの興味深い特徴があります。

Google Homeがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! →  Wedge Infinityへ 

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。