BLOGOSでたくさんのアクセスをいただいた『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー』と、Wdege Infinityに寄稿した『日本メーカーに出して欲しかったカメラ』『中国を見よ!AIスピーカーをやっている場合ではない理由』で提起した問題について解説をしました。

父の不在が絶望的な製品を生む → Wedge Infinity


記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。