4/10発売の「ハーバードビジネスレビュー5月号」の「ハブ・エコノミー;少数のデジタル企業が世界を牛耳る時代」という論考は、ネットワークを活用した水平型のハブ構造のビジネスモデルの脅威を解説しています。

「ソフトウェアが世界を呑み込んでいる」と共通する問題意識です。

拙稿では、それに対して、日本メーカーは、自社のハードウェアをソフトウェア(新しいサービス)視点で再定義し、その産業に特化した垂直型ハブ構造のビジネスモデルを構築すべきと主張します。