3月に走行試験中のウーバーの自動運転車が起こした歩行者死亡事故で、完全な自動運転への疑問の声も大きくなってはいるが、無人タクシーが実現すれば、世界の経済に与える影響は計り知れない。

無人タクシーは、既存のタクシー産業を破壊するだけでなく、自動車産業にも大きな影響を与えるに違いない。便利で安く移動できる手段があれば、自動車を購入して維持する費用が無駄だという考え方が、さらに広まることが予想できる。

無人タクシーの時代は、先に米国や中国に訪れ、日本に来るのはかなり先になるかもしれない。その間に、日本の企業は、自動運転の技術や、新しいモビリティサービスの開発に大きく遅れをとってしまいかねない。

無人タクシーで日本が失うものとは? → Wedge Infinityへ

お問い合わせやご相談は、contact に @ibornb.red をつけたアドレスまで
川手恭輔(Internet Born & Bred)