ブームに水を指すようですが、日本版MaaSへの期待は、間もなく幻滅期に入るかもしれません。そして、実質的な市場浸透が始まるのは、自動運転などの新しい技術によって、より効率的なモビリティサービスや、これまでになかった(ニッチの)モビリティサービスが開発されたときでしょう。

Whimの現状と日本版MaaSの課題 → Wedge Infinityへ

ガートナーのハイプサイクル
ガートナーのハイプサイクルに筆者が記入

記事の続きになりますが...
Uberと滴滴出行(ディディチューシン)は、Whimや日本版とは別の形のMaaSを始めるのではないでしょうか。すでに彼らは、非常に多くのユーザーが参加するマルチサイドプラットフォームを持っています。そこで、自社で開発した新しいモビリティサービスのユーザーを容易に獲得することができます。そのプラットフォームは、新しいモビリティサービスの事業者にとっても魅力的です。

記事の更新はTwitterでお知らせします