デザイン思考で行こう!

Life will find a way, we'll find a way technology lives.

カテゴリ: Wedge Infinity イノベーションの風を読む

ブームに水を指すようですが、日本版MaaSへの期待は、間もなく幻滅期に入るかもしれません。そして、実質的な市場浸透が始まるのは、自動運転などの新しい技術によって、より効率的なモビリティサービスや、これまでになかった(ニッチの)モビリティサービスが開発されたときでしょう。

Whimの現状と日本版MaaSの課題 → Wedge Infinityへ

ガートナーのハイプサイクル
ガートナーのハイプサイクルに筆者が記入

記事の続きになりますが...
Uberと滴滴出行(ディディチューシン)は、Whimや日本版とは別の形のMaaSを始めるのではないでしょうか。すでに彼らは、非常に多くのユーザーが参加するマルチサイドプラットフォームを持っています。そこで、自社で開発した新しいモビリティサービスのユーザーを容易に獲得することができます。そのプラットフォームは、新しいモビリティサービスの事業者にとっても魅力的です。

記事の更新はTwitterでお知らせします

「平成の30年間、日本は敗北の時代だった」。経済同友会代表幹事の小林喜光氏が、1月30日の朝日新聞朝刊のインタビューで、アベノミクスはそれ自体が成長の戦略だったわけではなく、なにか独創的な技術や産業を生み出すための時間稼ぎに過ぎなかったと話していました。そして、皆で楽しく生きていきましょうという空気で取り巻かれた日本の国民や政治家は敗北を自覚せずに、顕著な結果を生み出すことができないまま新陳代謝を怠った時代だったと平成を総括しました。

日本の国民や政治家は敗北を自覚していなかったのでしょうか。もし自覚したとして、そこから何かが生まれたのでしょうか。

平成の敗北日本 → Wedge Infinityへ
 

大阪万博の会場予定地となっている大阪湾に浮かぶ人工島「夢洲(ゆめしま)」は、情報通信産業などを集積した「新都心」とする構想のもと大阪市が1977年から埋め立てを始めましたが、バブル経済の崩壊で、今でも広大な空き地が広がっています。

この夢洲に自動運転の「レベル4」の専用道路を敷けば、日本が遅れをとっている自動運転による新しいモビリティサービスの開発を一気に加速できるのではないでしょうか。

万博で日本のロボットタクシーの起死回生を!-> Wedge Infinity
 

最近、メディアで話題になるMaaSは、SNSやスマートフォンのように、大きな利益を生み出すことが期待される事業のプラットフォームとして、多くの企業が競って開発に取り組んでいます。
 
しかし、利益目的だけのMaaSは、交通問題や環境問題を解決できないばかりでなく、交通システムの地域格差を拡大させてしまいます。MaaSといえば、すぐに「ビッグデータを収集して...」という言葉が出てきますが、私は強い違和感を感じています。それは、日本全体の経済活性化と社会問題の解決の両方を可能にするものであって欲しいと思います。
MaaS
MaaSは、プラットフォームに過ぎません。アプリがなければスマートフォンに価値がないように、モビリティサービス があってこそのMaaSです。MaaSの前に考えるべきことがあるはずです。

交通革命の前に必要な公共交通のあり方 -> Wedge Infinityへ

トヨタ自動車と西日本鉄道は、11月1日から福岡市およびその周辺地域において、トヨタが提供するmy routeというスマホアプリを使ったマルチモダールモビリティサービスの実証実験を始めると発表しました。このmy routeは、日本における初めての本格的なMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)と言えるものではないでしょうか。

トヨタが本格的なMaaSを小さく始めたわけ→Wedge Infinityへ
 

トヨタはソフトバンクと提携し、「MONET Technologies」 という会社を設立します。MONETは、クルマや人の移動などに関するさまざまなデータを活用することによって、需要と供給を最適化し、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を可能にする、未来のMaaS事業を行うとのことです。
2020年代半ばまでには、移動、物流、物販など多目的に活用できるトヨタのモビリティサービス専用次世代電気自動車(EV)「e-Palette(イーパレット)」による「Autono-MaaS」事業を展開します。(プレスリリースより)
トヨタは昨年の9月に、トヨタにおける自動運転への取り組みをまとめた『自動運転白書』を発表しています。その中に「多くの人々にとって、クルマは電車や飛行機などと同じ、移動、あるいは輸送の手段かもしれません。しかし、トヨタは、クルマはそれらとは異なった、別格の存在だと考えています」という記述があります。これは、トヨタの自動運転への取り組みの根底にある考え方のようです。

「クルマは所有するもの」だから「別格の存在」だということです。それは、ユーザーがクルマを所有しないでモビリティサービスを利用するというMaaSの概念と矛盾するものです。では、プレスリリースにあるAutonomous Vehicle(自動運転車)とMaaS(Mobility-as-a-Service)を融合させたダジャレのような「Autono-MaaS」とはどのようなものでしょうか。

ダジャレに見えるトヨタのホンネ → Wedge Infinityへ 

トヨタ自動車とソフトバンクは、新会社「MONET」を設立し、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を可能にする未来のMaaS事業を開始すると発表しました(10月4日)。

年初のCES2018で、豊田社長は「私はトヨタを、クルマ会社を超え、人々の様々な移動を助ける会社、モビリティ・カンパニーへと変革することを決意しました」と宣言し、これまでユーザーが購入して所有していたハードウェア(自動車)をサービスとして利用できるよう(ハードウェア・アズ・ア・サービス)にするための、モビリティサービスプラットフォームという構想を発表しています。

今回の提携にも、マイカー時代の終焉の訪れを覚悟した豊田社長の決意が表れているようです。そのモビリティサービスとMaaSについて考えてみました。

トヨタはマイカー時代の終焉の訪れを覚悟したのか? →  Wedge Infinityへ

「私は、この先の10年で、より多くの産業がソフトウェアによって破壊されると予想している。多くの場合、その破壊は、最先端の新しいシリコンバレーの企業によるものだろう」

マーク・アンドリーセンが、2011年にウォール・ストリート・ジャーナルに寄稿したコラム『なぜソフトウェアが世界を呑み込んでいるのか』で予想したとおり、ソフトウェアは、それまで無関係だと思われていた産業や、古いビジネスモデルに基づいた産業を次々と呑み込み、ソフトウェア化の波に乗れない企業を窮地に陥れている。

『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー(過去記事)』が、ソフトウェアに呑み込まれずに生き残り成長する術はあるのか?

.好拭璽肇▲奪廚謀蟷颪擦茵 → Wedge Infinity


You-know-who is apparently planning to come back to work and make a surprise speech at the coming event in June. Today, I obtained in secret a transcript of his rehearsal typed by someone on inside.
Thank you for coming.

You know, it was.. uh it was so many years ago that I was up here with a historic.. uh lovely music player in my pocket. We’re gonna make some history together again.

Can you see what I have in my hand? This is a new digital camera.

Everyone seems to be disappointed. Well, listen to me for a moment, and you become surely want this camera.

We all love taking photos, don't you?

When you take photos of precious memories you want to leave, such as fun trips, your kids are playing, wedding ceremonies, and so on, I wonder if you use a digital SLR.

And when you find something SNS-worthy, such as delicious pancakes, you might take photos with a smartphone and share them instantly with your friends. It seems the point-and-shoot camera have become less used anymore.

I'd like you to look at some photos.

A kid is playing soccer. It seems to be taking from quite a distance, but his expressive look is so cute. The surroundings are beautifully blurred, and he impressively stands out. Next, this photo captured the moment of kicking the ball well.

They are just like professionals, right? The kid playing soccer and who took the photos as well.

Well, how are these bride's photos? You could see the difference in texture of hair, skin, dress and cape respectively. I like the lights softness. This photo is also nice, and this is backlit..

They are all wonderful photos. You think so, too, right?

It might be a little difficult to take these photos by smartphone. If you study and practice shooting with a digital SLR, you will be able to take wonderful photos. Even with a slightly expensive point-and-shoot camera, you can take them if you try hard and set fine settings. But, then it cannot be called point-and-shoot.

Actually, we’re gonna reinvent the point-and-shoot camera, and here it is. We took all the photos I showed with this small camera without any fine settings.

Let’s look at how taking photos.

A kid appears small on the LCD screen. Doing like this, you see, close-up his face. And like this you can blur the surroundings, and then you have only to press the shutter. 

Next, you're chasing a running kid. The camera keeps the kid in focus properly. As the ball is rolling over here, only pressing the shutter you can take photos continuously and put them into a flip photo.

With such a small camera, you can take photos as if they were taken by digital SLR. Isn't it too easy?

To make it possible for anyone to take wonderful photos like this, it's very important to make the user interface intuitive. Everyone doesn't want to study or practice to master the camera operation. A camera that can take great photos easily is the best camera, don't you think so?

Technology is not for making things difficult.

Some people might have fun doing difficult things, but most people would like to do awesome things easily. Don't you think it's strange that you have to think about such things as resolution, ISO sensitivity, white balance, etc., when you're gonna capture a moment?

If you have to concentrate on taking photos, it would be impossible you enjoy the precious time.

Leave troublesome things to Artificial Intelligence which has deep-learned a huge number of photos taken by professional photographers. 

Well, don't you start wanting this cool camera? But this is not the only breakthrough thing of this camera.

Everyone takes photos with a smartphone and shares them with SNS. And also, everyone takes photos of family, private events and trips, and a lot of everyday snaps. How do you share and enjoy with your family those precious photos?

I wonder if you don't have much opportunity to enjoy enough while leaving them in a computer or possibly memory cards.

Seeing photos with family, talk about the memories together - such happy times were lost. In the future, when your children grow up, can you give them the photos? How will you hand over the photos of your father and mother?

Don't leave in your computer or memory card such important photos in your life. If you keep them in the cloud, you can easily access from any smartphone anywhere, and share them with your family easily. But it's troublesome to download a lot of photos taken with a digital camera to a computer and then upload it to the cloud.

This camera doesn't need to upload taken photos to the cloud. It doesn't record on the memory card, but it will record photos in the cloud from the beginning. Communication? There is no need to worry about such a thing.

Leave it to the smartphone to take photos you want to share immediately. Take this camera when taking photos you want to keep forever. Since all photos are in the cloud, it's easy to share with or give to your family.

But, I've not talked about the most important thing yet.

No matter how you can take nice photos and even if you can easily put them in the cloud, with just that, it is not much different from the digital camera of the past. I will stop telling "record in the cloud" because  it doesn't a matter of where to record photos. All we need is to enjoy memories.

The digital cameras up to now focused only on taking photos. They were things to make files called photos. Suddenly our photos are just files, files that need managing. For most people this is annoying, stressful and mainly a boring and time consuming task. But for today, we're gonna move on.

We did not make a thing to make files. We designed and created a new experience to regain the value of important photos that everyone has lost. 

Now, why digital camera? Well, we love taking photos. And it’s always good to do something you love. More importantly, taking photos is a part of everyone’s life. Photos have been around forever. They will always be around. 

(video starts)
The video on my hand shows some scenes: photos of time spent with family are shared by all family members and a conversation begins, a child receives from parents the timeline that photos of her childhood are lining up, and a late grandfather's timeline is handed over to his family..


Today is April 1, is this real? 

Innovation, is it something only he can do? He could reach anything. He could do anything. So can you anything that you try.

日本語はこちら→ Wedge Infinity (Japanese)


ものづくり企業が製品を開発して商品化するまでのプロセスには、それぞれ「魔の川」「死の谷」と呼ばれる二つの難関がある。

魔の川は、基礎的な検討や製品のプランニングを経て開発を始めるところに横たわり、死の谷は、開発を終えて、生産を見据えて大きな投資が必要になるエンジニアリングのフェーズに進む行く手を阻む。

ものづくりのベンチャーには魔の川は存在しない。かき集めた少額の資金と、自分と数人の仲間の手弁当で、誰の承認を仰ぐ必要もなく野心的なアイデアの製品開発を始めることができる。しかし、死の谷はハードウェアスタートアップにも、より深く立ちはだかる。

死の谷を超えて進もうとするものづくりのベンチャーを支援する、Makers Boot Campというプログラムがある。

京都を“ものづくりベンチャー”の都に(Wedge Infinityへ)


ご相談やお問い合わせは、contact に @ と ibornb.red をつけたアドレスまでメールでお寄せください。

このページのトップヘ