デザイン思考で行こう!

Life will find a way, we'll find a way technology lives.

カテゴリ: Wedge Infinity イノベーションの風を読む

「私は、この先の10年で、より多くの産業がソフトウェアによって破壊されると予想している。多くの場合、その破壊は、最先端の新しいシリコンバレーの企業によるものだろう」

マーク・アンドリーセンが、2011年にウォール・ストリート・ジャーナルに寄稿したコラム『なぜソフトウェアが世界を呑み込んでいるのか』で予想したとおり、ソフトウェアは、それまで無関係だと思われていた産業や、古いビジネスモデルに基づいた産業を次々と呑み込み、ソフトウェア化の波に乗れない企業を窮地に陥れている。

『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー(過去記事)』が、ソフトウェアに呑み込まれずに生き残り成長する術はあるのか?

.好拭璽肇▲奪廚謀蟷颪擦茵 → Wedge Infinity


You-know-who is apparently planning to come back to work and make a surprise speech at the coming event in June. Today, I obtained in secret a transcript of his rehearsal typed by someone on inside.
Thank you for coming.

You know, it was.. uh it was so many years ago that I was up here with a historic.. uh lovely music player in my pocket. We’re gonna make some history together again.

Can you see what I have in my hand? This is a new digital camera.

Everyone seems to be disappointed. Well, listen to me for a moment, and you become surely want this camera.

We all love taking photos, don't you?

When you take photos of precious memories you want to leave, such as fun trips, your kids are playing, wedding ceremonies, and so on, I wonder if you use a digital SLR.

And when you find something SNS-worthy, such as delicious pancakes, you might take photos with a smartphone and share them instantly with your friends. It seems the point-and-shoot camera have become less used anymore.

I'd like you to look at some photos.

A kid is playing soccer. It seems to be taking from quite a distance, but his expressive look is so cute. The surroundings are beautifully blurred, and he impressively stands out. Next, this photo captured the moment of kicking the ball well.

They are just like professionals, right? The kid playing soccer and who took the photos as well.

Well, how are these bride's photos? You could see the difference in texture of hair, skin, dress and cape respectively. I like the lights softness. This photo is also nice, and this is backlit..

They are all wonderful photos. You think so, too, right?

It might be a little difficult to take these photos by smartphone. If you study and practice shooting with a digital SLR, you will be able to take wonderful photos. Even with a slightly expensive point-and-shoot camera, you can take them if you try hard and set fine settings. But, then it cannot be called point-and-shoot.

Actually, we’re gonna reinvent the point-and-shoot camera, and here it is. We took all the photos I showed with this small camera without any fine settings.

Let’s look at how taking photos.

A kid appears small on the LCD screen. Doing like this, you see, close-up his face. And like this you can blur the surroundings, and then you have only to press the shutter. 

Next, you're chasing a running kid. The camera keeps the kid in focus properly. As the ball is rolling over here, only pressing the shutter you can take photos continuously and put them into a flip photo.

With such a small camera, you can take photos as if they were taken by digital SLR. Isn't it too easy?

To make it possible for anyone to take wonderful photos like this, it's very important to make the user interface intuitive. Everyone doesn't want to study or practice to master the camera operation. A camera that can take great photos easily is the best camera, don't you think so?

Technology is not for making things difficult.

Some people might have fun doing difficult things, but most people would like to do awesome things easily. Don't you think it's strange that you have to think about such things as resolution, ISO sensitivity, white balance, etc., when you're gonna capture a moment?

If you have to concentrate on taking photos, it would be impossible you enjoy the precious time.

Leave troublesome things to Artificial Intelligence which has deep-learned a huge number of photos taken by professional photographers. 

Well, don't you start wanting this cool camera? But this is not the only breakthrough thing of this camera.

Everyone takes photos with a smartphone and shares them with SNS. And also, everyone takes photos of family, private events and trips, and a lot of everyday snaps. How do you share and enjoy with your family those precious photos?

I wonder if you don't have much opportunity to enjoy enough while leaving them in a computer or possibly memory cards.

Seeing photos with family, talk about the memories together - such happy times were lost. In the future, when your children grow up, can you give them the photos? How will you hand over the photos of your father and mother?

Don't leave in your computer or memory card such important photos in your life. If you keep them in the cloud, you can easily access from any smartphone anywhere, and share them with your family easily. But it's troublesome to download a lot of photos taken with a digital camera to a computer and then upload it to the cloud.

This camera doesn't need to upload taken photos to the cloud. It doesn't record on the memory card, but it will record photos in the cloud from the beginning. Communication? There is no need to worry about such a thing.

Leave it to the smartphone to take photos you want to share immediately. Take this camera when taking photos you want to keep forever. Since all photos are in the cloud, it's easy to share with or give to your family.

But, I've not talked about the most important thing yet.

No matter how you can take nice photos and even if you can easily put them in the cloud, with just that, it is not much different from the digital camera of the past. I will stop telling "record in the cloud" because  it doesn't a matter of where to record photos. All we need is to enjoy memories.

The digital cameras up to now focused only on taking photos. They were things to make files called photos. Suddenly our photos are just files, files that need managing. For most people this is annoying, stressful and mainly a boring and time consuming task. But for today, we're gonna move on.

We did not make a thing to make files. We designed and created a new experience to regain the value of important photos that everyone has lost. 

Now, why digital camera? Well, we love taking photos. And it’s always good to do something you love. More importantly, taking photos is a part of everyone’s life. Photos have been around forever. They will always be around. 

(video starts)
The video on my hand shows some scenes: photos of time spent with family are shared by all family members and a conversation begins, a child receives from parents the timeline that photos of her childhood are lining up, and a late grandfather's timeline is handed over to his family..


Today is April 1, is this real? 

Innovation, is it something only he can do? He could reach anything. He could do anything. So can you anything that you try.

日本語はこちら→ Wedge Infinity (Japanese)


ものづくり企業が製品を開発して商品化するまでのプロセスには、それぞれ「魔の川」「死の谷」と呼ばれる二つの難関がある。

魔の川は、基礎的な検討や製品のプランニングを経て開発を始めるところに横たわり、死の谷は、開発を終えて、生産を見据えて大きな投資が必要になるエンジニアリングのフェーズに進む行く手を阻む。

ものづくりのベンチャーには魔の川は存在しない。かき集めた少額の資金と、自分と数人の仲間の手弁当で、誰の承認を仰ぐ必要もなく野心的なアイデアの製品開発を始めることができる。しかし、死の谷はハードウェアスタートアップにも、より深く立ちはだかる。

死の谷を超えて進もうとするものづくりのベンチャーを支援する、Makers Boot Campというプログラムがある。

京都を“ものづくりベンチャー”の都に(Wedge Infinityへ)


ご相談やお問い合わせは、contact に @ と ibornb.red をつけたアドレスまでメールでお寄せください。

リーマンショックという誰も予測できなかった衝撃によって、世界的な景気の低迷や円高などが引き起こされ、グローバルな競争力を失ったパソコンやテレビ事業などの業績悪化によって経営不振に陥ったパナソニックとソニーとシャープの家電三社は、事業の売却や撤退、そして大規模な人員削減などのリストラを繰り返した結果、ようやく回復の兆しが見え始めた。

「毋なる自然は“安全”なだけじゃない。破壊や置き換え、選択や改造を積極的に繰り返す。ランダムな事象に関していえば、『頑強』なだけでは足りない。長い目でみれば、ほんのちょっとでも脆弱なものはすべて、容赦ない時の洗礼を受けて、壊される」

ナシーム・ニコラス・タレブは、最新の著書『反脆弱性―不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』のなかで、「完璧な頑強さなどありえないことを考えると、ランダムな事象、予測不能な衝撃、ストレス、変動性を敵に回すのではなく、味方につけ、自己再生しつづける仕組みが必要なのだ」と説き、それを反脆さ(はんもろさ)と呼んだ。タレブの2007年の著書『ブラック・スワン―不確実性とリスクの本質』は、サブプライムローンの破綻がきっかけで起きたリーマンショックのあと、全米で150万部の大ヒットを記録した。

三社に共通する4Kテレビの販売が上向いたこと、ソニーは画像センサー、パナソニックは車載機器などBtoBにシフトしたことが回復を牽引したとされているが、会社が大きく変容しただけでなく、徹底した合理化によって経営陣や従業員の意識も大きく変わっただろう。しかし、次のブラック・スワン(予測不能な衝撃)に備えて、反脆さを身につけることはできたのだろうか。あるいは再び「想定外だった」と、業績悪化とリストラを繰り返すことになるのだろうか。

R&Dを即効性のあるテーマに集中させ、 サプライチェーンを最適化するなど、頑強さを求めて無駄をギリギリまで排除した事業は脆い。タレブは、反脆さとはオプションを持つことだという。「オプションとは私たちを反脆くしてくれるものだ。オプションがあれば、不確実性の負の側面から深刻な害をこうむることなく、不確実性の正の側面から利益を得ることができるのだ」。では、三社が代表する一般消費者向け(BtoC)の製品をつくる製造業にとってのオプションとは何だろうか。

2/14 更新
月刊ウェッジの1月号と2月号で投げかけた問題に対する私なりの考えを、タレブの言葉を借りながら書きました。

ソニー復活へのキーワードは「反脆さ」(Wedge Infinityへ)


記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。

経済産業省が推進するスマートホームでは、「ユーザーはスマートスピーカーなどを使って、音声でクラウド上の音声アシスタントに家電の操作を指示し」「音声アシスタントは、それを家電メーカーのサービスクラウドに伝え」「サービスクラウドが家庭内の機器を操作する」という流れになっています。それを図にすると、家電メーカーにとって残念な三つのことが見えてきます。
  1. 残念ながら他社との差別化はできない
  2. 残念ながら重要なデータは蓄積できない
  3. 残念ながらプラットフォームは押さえられない
しかし
  • アシスタントには限界がある
  • だから家電がユーザーと会話すれは良い
という提案です。

家電を賢くするには? → Wedge Infinity

本年の更新はこれまでになります。

発売中の月刊Wedge 1月号の特集「ものづくりの未来」では「日本の製造業に欠けていた新しい価値の創造」を担当しました。次号では、深セン取材を元に続編を書く予定です。

では、みなさま、良いお年を
川手恭輔


あなたが最寄駅に到着したことをGPSで検知して自宅のエアコンや照明をオンにしたり、外出を検知すると家電の電源をオフにしたりする……家電メーカーや、最近では携帯キャリアまでが、スマートホームという構想や、それに基づいた製品やサービスを発表しています。しかし、あなたは、こんなことが本当に必要だと思いますか。

3月に経済産業省が、『スマートホームにおける現状と将来像の実現に向けた検討の方向性について』という資料を公開しました。生活者にとって、スマートホームというものは、どのような価値があるのでしょうか。資料を読み解いてみました。

内容
  • スマートホームとは何か?
  • 家電メーカーが取り組むべきこと
スマートホームは"スマート"じゃない → Wedge Infinity

次回は「家電をスマートにするには?」ということを考えてみる予定です

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。


BLOGOSでたくさんのアクセスをいただいた『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー』と、Wdege Infinityに寄稿した『日本メーカーに出して欲しかったカメラ』『中国を見よ!AIスピーカーをやっている場合ではない理由』で提起した問題について解説をしました。

父の不在が絶望的な製品を生む → Wedge Infinity


記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。



多くのハードウェア製品を発表した10月4日のイベント「Made by Google」では、「ハードウェアを徹底的に見直す」という表現が何度か使われました。アップルが好んで使う「再発明する(reinvent)」という言葉に対して、グーグルは「見直す(reimagine)」、AIファーストで、ソフトウェア起点でハードウェアを見直す。これは、ぜひ日本のメーカーも取り組んで欲しいことです。

前回の『ハード起点の絶望的な製品をつくり続ける日本メーカー』の続編として、

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。

音声アシスタントというプラットホームには、会話というユーザーインタフェースならではの体験を提供する、そして収益性をも兼ね備えた、まったく新しいアプリが生まれる可能性があるように思います。そして、Google Assistantには、それを予感させる二つの興味深い特徴があります。

Google Homeがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! →  Wedge Infinityへ 

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。

『新しいiPhoneはなぜ画期的か』で紹介したフィル・シラーの「ポケットに入る電話で、ニューラルエンジンがビルトインされたA11 Bionicが顔認証をしているんだ」という言葉を解説します。

・次はAIが動くスマートフォンの戦い
・カメラメーカーが注目すべきこと 

解説:新しいiPhoneはなぜ画期的か→ Wedge Infinityへ 

記事の更新はTwitter (@kyosukek)でお知らせします。

このページのトップヘ